テレビゲーム(携帯型ゲームと併せて、コンシューマーゲームということもあります)やポータブルゲームの発展によって、視力低下(第二種運転免許の取得試験や更新の際には、三桿試験という名前の深視力検査が実施されます)に悩んでいる子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)はよくあります。近年では、以前と比較したらも子供の視力低下(一部が欠けている黒い環のランドルト環によって検査するのが一般的ですね)に悩まされているご両親が増加しているのです。色んな視力回復方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)がインターネット(パソコンに限らず、携帯やテレビなんかでも楽しむことができますね)や雑誌、テレビなどで紹介している中、この頃よく本屋さんで目にするようになったのが「マジカルアイ」という書籍なんですが、みなさんは知っていましたか?健康コーナーでも人気になっているようで、本屋さんではよく見かけます。一見、とっさに見ると、ただの点などで何が何だかわかりません。でも、より目にしたり、目の焦点を遠くに合ったりすることにより、急に立体的に動物や文字などが浮かび上がってくる3D画像集です。たまに、新聞(載っている記事が必ずしも正しいわけではないんですよね)や雑誌の1ページに使われていたりしますよね?あれです。このマジカルアイが視力の回復に効果があるといわれていると思っているのです。そもそも視力が低下してしまうのは、目の周りの筋肉をあまり使わないことから周りの筋肉が凝り固まってしまい、目その物の機能が低下してしまうことで視力も低下していきます。このマジカルアイを使い、立体的な何かを浮かび上がらせようとすると、目の焦点を遠くに合ったり、より目にしたりする必要があります。これらの動きによって、何か物をみるためには欠かすことのできない毛様体(毛様体筋、毛様体輪、毛様体突起の三つで構成されているそうです)筋を動かすので、毛様体筋が鍛えられるはずです。それに、その他の筋肉も動かそうとしますので、周辺筋肉の緊張を解す事が出来ますよ。しかし、やり過ぎると、逆に目に疲労感を蓄積してしまったりすることになるので注意してくださいね。実際の視力回復効果には個人差があるので、そのあたりも理解した上でこの方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を続けることによって行ってみるといいかもしれませんねー